業者用のエアコンクリーニングを行う時の注意点

業者用のエアコンは、定期的にクリーニングしていないと、カビや埃がたまることで嫌な臭いがしたり、アレルギーなどを発症することも多くなります。冷暖房が効きにくくなったり、故障をすることも多くなるのでエアコンクリーニングをすることは大事です。
家庭用のエアコンクリーニングは、自分でも掃除をすることは簡単にできますが、業者用のエアコンクリーニングは、分解して内部の洗浄をしようとすると、故障の原因となるので気をつけなければいけません。自分でやるクリーニングは、フィルターの掃除くらいにしておき、後は専門のエアコンクリーニングの会社に業者用のエアコンクリーニングを任せることが大事です。
業務用のエアコンは、飲食店だと油分やタバコの煙を多く含んだ空気を吸いこむため、汚れが溜まりやすくなります。プロに任せれば、取り外せる部品はすべて外し、細かい部分までしっかりと洗浄してくれるので、油汚れや臭いも綺麗にとってくれます。
プロに依頼する時の注意点としては、エアコンの真下に作業するスペースがいるので、家具などの荷物を移動させることです。エアコンの部品を洗浄する必要があるため、水が使える場所も確保しておく必要があります。ブレーカーの場所も確認しておくと作業がスムーズにいきます。

エアコンクリーニング